Top
厳冬の歯痛
c0123210_2383035.jpg


今朝からちょっと風邪気味で、今日は一日中部屋に籠もってチマチマとした作業をしていた。
寒かろうがなんだろうが相変わらず散歩は続けているのだけれど、今年の冬の寒さは久しぶりに
冬らしい冬だなと、寒さに強い僕も思う(それでも3枚ほどしか重ね着せず、ガシガシ歩いている)。
思えば僕が10代だった頃の冬は ―― それが今から30年近く前のことというのが、いまでも
ちょっと信じられないのだけれど ―― 東京でも今年の冬ぐらい寒いのが普通だったように思う。
合宿の早朝練習で水に入っても水温と室温の差でもうもうと霧が立ちこめ、前に泳いでるヤツと
ぶつかったり、挙げ句はプールの中程で止まり、「中抜き」で練習をサボったり。そんなことを
思い出す。

寒さのせいか、ここのところ歯が痛い。
虫歯ではないようで、何を噛んでも痛くも何ともないのだが、冷たいモノや熱いモノ、この寒さだと
凍てついた空気を吸っても染みる。しかもなかなか酷く。
アイスクリームや熱い珈琲は冬場の楽しみの一つなのだけれど、いまの状況ではどちらもおそる
おそるしか口にできなくて、なんだかぼやけたぬるい飲み物ばかり飲んでいる。
やれやれと思って膝をさすると、そこには古傷を冷やさないためのサポーター。
これが老いるということなのだろうなと思いつつ、過去の経験から教訓めいたことの一つも思い
浮かばず、とりとめもなく書き殴るだけしかできないことに笑ってしまったのだった。

いずれにしてもこの冬の寒さはなかなか潔く、心地良いと感じている(もちろん寒いし、歯は痛い)。
[PR]
by ash1kg | 2011-01-17 23:24 | 写真日記
<< イワシの頭も信心から ページの中へ潜る >>



影と光、記憶と個人的な記録
by ash1kg
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30