Top
カテゴリ:Book( 13 )
WEBブック 「世界でいちばん遠いところにある町」
久しぶりにWEBブックを編集しました。
もう5年も前に撮った写真ですが、十分に時間が経つと、自分で撮った写真も、写ってる町の様子もどこかしらよそよそしく、芝居の書き割りのような作り物っぽさを感じるから面白い。
全34枚、66ページ。

やっぱり楽しいな。

c0123210_1312489.jpg


世界でいちばん遠いところにある町/ very close, but so far from me
[PR]
by ash1kg | 2012-07-27 01:37 | Book
今年最後のWEBブック、『あの日のできごと それからのこと』
c0123210_23371967.jpg



あの日のできごと それからのこと
http://issuu.com/ash1kg/docs/311_and_after

今年も残り2週間。
前進したんだから、停滞したままなんだか、全然わからないまま今年も暮れそうだが、ともあれ無事に生き延びることができたというだけで及第点なのではないかと思っている。

今年のうちにどうしても作っておきたかった本を組み上げました。
3月の震災、それから1ヶ月ほどの間のこと。
この先、長く記憶に刻まれたまま寄り添っていくであろう震災の記憶。
忘れないためではなく、きちんと受け止めて今年を終えるために作ったWEBブックです。
1000人いれば1000通りの震災があったはず。
天災とはそういう恐ろしさを秘めているのでしょう。

ページ数は全部で194ページ。
お時間のあるときにご覧下さい。
[PR]
by ash1kg | 2011-12-18 23:57 | Book
WEB Book "Made in the shade #11"
c0123210_955666.jpg


昨年3月分のWEBブックをアップしました。

もっとコンスタントに作りたいところだけれど、DTPソフトを使わずに作ってる哀しさで、なかなかペースが
上がりません。
何より撮っている量が圧倒的に少ない。
誰に迷惑をかけるわけでもないのに、一人で「これはまずいな」と危機感を感じています。
やっぱり撮る量が減るというのは外界に対する興味が薄くなっているということなので。外界への興味が
薄くなった分、熟考を重ねているのならまだしも、そういうわけでもないところが、結構根が深い問題かも。

【Made in the shade #11 / March.2010】
http://issuu.com/ash1kg/docs/2010-03

☆パブリッシュ済みの本棚はこちらからご覧いただけます。
※右側のメニュー【My Web Books】からでもOKです。
[PR]
by ash1kg | 2011-02-02 09:06 | Book
WEB Book "Made in the shade #10"
c0123210_22171031.jpg



今年2月分のWEBブックをアップしました。

今年の2月には広尾のフランス大使館で催された現代アートのイベント”No Man's Land”を
見に行きました。
ビザの申請ぐらいしか大使館には縁がありませんが、出張してきた外交官の宿泊施設や事務官の
オフィスまで、まるごと使ってアートイベント会場にしてしまった洒落っ気は、さすがフランスという
感じもします。
肝心の展示物がどうだったかというと、これが良く判らなくて。でも楽しんで作っていることだけは
よく伝わってくるものばかりでした。
しょせん、アートなんてのはそんなものなんだろうと思いつつ会場を巡っていたことを、写真を
見返しながら思い出しました。

そんなこともあって2月のブックは広尾と新宿で撮った写真のみ。
場所の数が少ない方が作りやすいという感じもしました。

InDesignの体験版の有効期限はあと1週間。
あと1冊ぐらいは作りたいと考えています。

【Made in the shade #10 / February.2010】
http://issuu.com/ash1kg/docs/2010-02

☆パブリッシュ済みの本棚はこちらからご覧いただけます。
※右側のメニュー【My Web Books】からでもOKです。
[PR]
by ash1kg | 2010-11-11 22:24 | Book
WEB Book "Made in the shade #09"
c0123210_1333894.jpg


今年1月分のWEBブックをアップしました。

先日アップした#08もそうですが、今回もadobeのInDesignの体験版を使用して作っています。
不慣れかつ、使いこなせていないせいで、何やら写真が白っぽく見えてしまっていますが、本当の
データはもっと黒い写真になっています。
それでもこのソフトはこういうことをするには非常に便利で、これまでDTPソフトというものを気を入れて
使ったことがないだけに、すごく手際よく作れるものだなと感心することしきり。
もうちょっと安く手に入るなら欲しいところですが、遊びで使うのでは少々贅沢な気もします。

1月の写真は大阪やら伊勢やら、けっこういろんなところで撮られていて、それだけになんだか支離
滅裂な、散漫な感じがするものになってしまいました。
でもそういう散漫な感じは、まさに1月頃に感じていたものと近しい感じで、それはそれで僕の当時の
気分を表しているようで面白く感じます。

写真を組むときに何に気をつけるのかというようなことを、ときどき聞かれますが、残念ながら具体的に
「これ」と言うのはなくて、1枚抜き出した写真が指し示す方向を注意深く見定めて、指し示された方向に
ある写真を次から次へと選んでいく、そんな作業の結果、あるときに1つの形にまとまるという感じです。
ひと言で言ってしまうと「感覚」ということになるんですが、だから人それぞれ、違うものが出来るのだろうと
思っています。

体験版の使用はあと2週間あまり。
その間に1冊でも2冊でも作れたらと考えています。

【Made in the shade #09 / January.2010】
http://issuu.com/ash1kg/docs/2010-01

☆パブリッシュ済みの本棚はこちらからご覧いただけます。
※右側のメニュー【My Web Books】からでもOKです。
[PR]
by ash1kg | 2010-11-05 01:34 | Book
WEB Book "Made in the shade #08"
c0123210_2247738.jpg


昨年12月分のWEBブックをアップしました。

写真の怖さでもあり、面白さでもあるのは、こうして過去に撮った写真を今の気分で選び直す
ことができることだったりします。
ただ、そこに立ち上がるのは撮った当時の気分ではなく、今の状態を自分で感じている以上に
はっきりと ―― ある意味では客観的に見せつけられることでもあって、それが面白くもあり、
また非常につらくもあったりします。

12月の写真は量が少なくて(作るのにいささか強引なことをやらないと収まりがつかないぐらいに
少なかった)、それだけに中途半端な感じもしたり。
いずれにしても何かを作ろうとするときに材料が不足気味では、やっつけ仕事になってしまうのは
言うまでもないことで、作りながら「やっぱり量だよな」と呟いていました。
それでも少ないなりに写真を編むのは楽しい作業であることには変わりありません。

【Made in the shade #08 / December.2009】
http://issuu.com/ash1kg/docs/2009-12

☆パブリッシュ済みの本棚はこちらからご覧いただけます。
※右側のメニュー【My Web Books】からでもOKです。
[PR]
by ash1kg | 2010-10-29 22:56 | Book
Book "Made in the shade #07"
c0123210_23392323.jpg


昨年11月分のWEBブックをアップ。

モノクロだけ、カラーだけというのも頑なすぎるかと感じて、アクセント程度に
へたくそなカラーも混ぜてみました。

半年以上の時間が経ってから写真を選んで組んでいると、撮ったときの気分が
残っているものもあれば、撮った記憶の欠片もない写真もあって、目の前の材料を
どう料理すれば一番良いのか、そればかり考えて作っています。
それが実に楽しい作業なわけです。

【Made in the shade #07 / November.2009】
http://issuu.com/ash1kg/docs/2009-11

☆パブリッシュ済みの本棚はこちらからご覧いただけます。
※右側のメニュー【My Web Books】からでもOKです。






------------------------------------------------


《f3.5》ローライによる写真5人展
[PR]
by ash1kg | 2010-06-14 23:54 | Book
iPadで写真集を見たいか?
c0123210_039652.jpg


どこのチャンネルに合わせても普天間移設とiPadの新発売のニュースが席巻した今日のテレビ。
iPhoneも持たず、iPodもshuffleのみという旧石器時代人類にはなにやら遠い世界の話に
聞こえていた。

報道ではやたらと「出版革命」と大見出しで伝えていたが、いまの出版不況を覆すほどのパワーは
無いような気がする。たとえ製本や流通のコストが下がったとしても読む人は読むし、読まない人は
読まない。「紙だから読まない/iPadだから読む」ではないのだと思う。

ひとつの可能性でしかないが、出版に革命が起きるとしたら、かつてインターネットが過激な勢いで
普及していったときのように、みんなが好き勝手にあっちこっちで出版を始めるということかもしれない。
個人がそれぞれのWEBサイトやブログを開設し、意見・意志の表明を手軽に表明するようになった
ように、だ。

これまではWEBサービスを使ってタブロー的に写真を見せるしかなかったものが、誰もが「写真集」と
いう体裁で供給できるようになるのだとしたら、これはちょっとしたものである。組んで発表することの
敷居が一気に低くなるのだから。選択肢が増えることは悪いことではない。

きっとどこかが枠組みを作ることになるだろうが、3~4人のデジタル出版社が新しいビジネス・モデルを
構築する可能性は大きい。
それが上手くメイクマネーできるかどうかはまだ未知数だけれど、広告収入を主目的とした多くの無料
サービスのような玉石混淆状態にならないようにできれば、意外とうまくいくのかもしれないし、仮に
審査のようなものが間に挟まるにしても、今までの出版のようなハードルの高さとは比べものになら
ないほど敷居は下がることは間違いない。
個人的には液晶モニターよりも紙で写真を見たいし、活字を読みたいが。

と言いつつ、こうして駄文を書いていることはさておき、単体でしか写真を見せる術がなかったことに
不満があった人は写真集を編んでみるチャンス。この先、さらに大きなチャンスにつながるかもしれ
ないし、何より1枚で見せることとは違う発見が本作りにはある。

------------------------

そんなわけで・・・というわけではないが、立て続けに去年の10月分のWEB BOOKを作った。
なんでも勢いがあるときは一気呵成にやらなければ。

【Made in the shade #06 / October.2009】
http://issuu.com/ash1kg/docs/006

c0123210_0404063.jpg

[PR]
by ash1kg | 2010-05-29 00:41 | Book
Book "Made in the shade #05"
c0123210_22422927.jpg


ずっとサボっていたWEB BOOKをアップしました。
昨年の9月分です。

【Made in the shade #05 / September.2009】
http://issuu.com/ash1kg/docs/2009-09

------------------------------

先日、仙台で見てきた「最後のマンガ展」の熱が強く残っていて、やはり美しい1枚よりも
物語る写真群ということを考えている。
このWEB Bookは個人的なものという趣もあるので、物語っているとは言いにくいが、
それでもそのときの自分の気分についてはよく表せているなあと感じている。
あくまで僕の内部にある記憶に呼応してはじめて感じるものなのだが。
[PR]
by ash1kg | 2010-05-25 22:48 | Book
Book "Made in the shade #04"
c0123210_3372788.jpg


8月分の月例本をアップしました。

【Made in the shade #04 / August.2009】
http://issuu.com/ash1kg/docs/004
[PR]
by ash1kg | 2009-11-08 03:38 | Book



影と光、記憶と個人的な記録
by ash1kg
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
My Web Site
Rm.303

Bookmarks


ash1kg - Flickriver

以前の記事
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
more...
カテゴリ
全体
写真日記
Daily Snap
Book
記録
日々雑感
写真展感想
読書メモ
Rough Side
徒歩15分の放浪
Smooth Side
寫眞萬手控
HOLGA
寫眞昔日談
写真展
Colors
Non-class
Hawaii
chicago
新宿
T01
Text Only
非公開
今日の日記
未分類
タグ
(29)
(29)
(16)
(12)
(9)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
人気ジャンル
ブログパーツ
  • 写真/画像の無断使用禁止
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧