Top
伝説となるための必要条件
c0123210_1372827.jpg

浅田真央ちゃんのフリースケーティングの興奮で朝まで全く眠れず、超寝不足のまま過ごした一日。
それでもやがて伝説となるであろう瞬間を目の当たりにできたのだから文句などあろうはずがない。ほぼ一日経った今でも、スポーツニュースで映像を目にすると肌がゾワゾワっとしてくる。

伝説が生まれる瞬間に立ち会うことは誰の人生であっても稀に起こることがある。個人的なことで言えば王貞治が756号のホームランを放ち、かつての世界記録を樹立したときにたまたま球場にいたのもそうだろうし、かつて知り合いだった方で、たまたま出張で訪れていたロンドンでビートルズの屋上ライブに遭遇したという人もいた。
昨日の浅田真央ちゃんの演技もいずれ同じように伝説になるような予感がする。

かつて長嶋茂雄は「記録ではなく、記憶に残る選手」と呼ばれた。
伝説になるのには必ずしも記録や結果が必要なのではなさそうだ。目撃していた人々の共通言語になるような強いインパクト。これが伝説となるために必要な要件のようだ。
と書いてみたところで、ぼくが伝説になる可能性などゼロに等しいし、そもそもそんなものになりたいとも思わないが。
[PR]
# by ash1kg | 2014-02-22 01:17
雪中にて
c0123210_22513056.jpg

煙草を買い、珈琲を飲み、暖かな店内で温まったおかげで、切れかけたバッテリーがインジケーター1個分復活したので、風よけに傘をさしても雪まみれになる中、ポツポツと100枚ほど撮って帰宅。

降る雪、路地、モノクロ、ストロボで雪の粒を光らせ、先には通りへ出て家路を急ぐ人。まあなんとも平坦で、平凡で、手垢の付いた薄っぺらい写真だこと。
自分史的にはこういう繰り返しにも意味があるのだとわかってはいるけれど、わざわざこうしてモノクロにする必要などないし、すでに町が変わっていくことがわかってる中で50年先、100年先にもしかしたら意味のある写真だったとしても、それならなおさらカラーで記録しておいた方が良いんじゃねえの?なんてことを思いつつ、わざわざPCでモノクロ化して、まったくペラッペラの、どこかで見たことのある退屈極まりない写真を再生産してしまう。
これがこの先、数を集め、何ものかを指し示すようになるのならばそれでも意味があるのかもしれないけれど、なんと言っても自分にそんな意識が微塵もないのだから、この先などへ一歩たりとも進むことはない。要するにただの自己満足。消費もされなければ消耗もしない「使い途のない風景」だ、まったく。

なんてことを考えつつ、イライラを募らせながら撮っていたら、牛乳を買って帰るのを忘れた。
悔しすぎる。


 
[PR]
# by ash1kg | 2014-02-14 22:53 | 写真日記
今日は雪なので籠城中
雪を言い訳に今日はオフにして、あれこれ整理やら読書やら、細々とした作業をこなしている。
ブログの扱いにもなかなか手をこまねいていて、正直持て余していたり。
書きたいことのほとんどはフェイスブックに書いてしまうことが多いし(やはり操作性の手軽さと、読む人の顔が見える楽しさに抗しがたいものがある)、コピーペーストで記事を作るのもどうなんだろうかと思ったり。
ライフログとしての機能がフェイスブックの方が優れてる感じはするけれど、どうなんだろうかね。
ま、日々、写真をアップするだけでもこのブログの存在理由になりそうな気もするけれど。
[PR]
# by ash1kg | 2014-02-14 14:01 | 日々雑感



影と光、記憶と個人的な記録
by ash1kg
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30