Top
ホノルル食堂
c0123210_13543189.jpg




 
[PR]
# by ash1kg | 2014-02-14 14:00 | 写真日記
「美しき海女」大崎映晋写真展
c0123210_10937.jpg

50年前の海女さんを撮影した「美しき海女」大崎映晋写真展。
1階の「かみ屋」さんの店内や地下のギャラリーに向かう踊り場に展示してあるのはデジタル処理したもののそうだが、ギャラリー内は当時のネガからのリプリントとのこと。
ネガの劣化で傷やムラもあったけれど(撮影した大崎さんは研究者で、写真も作品ではなく、論文などの補足資料という位置付けだったそうだ)、そんなものはどうでもよく思える海女さんの迫力と美しさ。
撮影された海(場所は失念)は海女さんは日本でいちばん深いところまで潜る海だそうで、ギャラリー奥の展示写真は深海50mクラスとのこと。当時は防水のハウジングもなく、木の貼り合わせの部分に蝋を詰めて防水加工した箱を使っていたらしい。
不思議だったのは照明をどうしたんだろうかという点。深度の浅いところは太陽光だろうけど、日がさしてないところもちゃんと写ってたんだよなあ。
ま、そんなところもどうでも良いくらい裸体で漁をする海女さんたちの姿の美しさに惹きつけられてしまった。
記録ってすごいねえ。

KAMIYA ART Gallery
[PR]
# by ash1kg | 2014-01-29 01:01 | 写真日記
都知事選と「100,000年後の安全」
c0123210_1102381.jpg


都知事選の公示が明日23日。
候補者が出揃ったようだが、居並ぶメンバーから誰か一人を選ぶのがとても難しい選挙になりそうだ。
ポジティブな意味で「誰を選ぶか迷う」なら幸福だが、今回はどうやらその逆になりそうで、誰を選んで良いのやらというのが率直な印象だ。
ネガティブに誰に投票すべきかに迷うにしても、「五十歩百歩」ならまだしも「どんぐりの背比べ」ですらないような感じで、言うなれば「帯にはもちろん、襷にも短い」みたいなところ。かといって自分の暮らす街なのだから「これじゃお手上げ」というわけにもいかない。実に難しい。

細川元総理と組んだ小泉元総理が「脱原発」でお得意のワンイシュー選挙をやろうとしているのはあながち間違った戦略でもなさそうに見える。
これが例えば石原元都知事と選挙戦を戦わなければならないなら、かっちりと都政に関する公約なり構想なりをぶち上げての選挙戦になるんだろうが、今回の候補者を眺めてみればそこまで全般的に都政に軸を置いての「がっぷり四つ」にはなりそうもない(そりゃ候補者に言わせれば「そんなことはない」と言うだろうが)。
そういう状況ならいちばんの目玉を全面に押し出すのは有効な戦術と言えなくもない。ましてや震災以降の流れの中で再稼働に反対したり、疑問を感じてる人がけっこうな割合でいるのだ。しかも正面切って「再稼働賛成だ」と言い切りにくいという雰囲気もある。

政府与党は「都知事選に馴染まない」とさかんに言っているけれど、国会議員が国会でがやがや声を上げるよりも、かえって地方自治体から反旗を翻される方が政府にとっては嫌なことなんじゃないのかと思っている。
仮に反原発・脱原発を旗印に選挙に大勝ちしたとすると、そこに投票した都民は、いずれ国政選挙の時に誰かに投票をする国民なのだから、言下に否定するわけにもいかない(やがては我が身に跳ね返ってくるのだ)。
そういう意味では東京は国会よりも強力な圧力団体になり得る可能性があるということだ。
選挙の結果はどうなるのかわからないけれど、小泉さんは面白いところに目を付けたなあと思う。
(息子のシンジロウ議員の立場としてどうなのかはわからないけど。将来の総理総裁コースに乗せるための遠謀深慮の可能性だってあるし)
でも自民党の面々からさかんにあれこれ言うのが聞こえてくるということは、小泉さんに騒がれるのはやっぱりかなり嫌なことなんだろうな。永田町でふんぞり返ってる連中がオロオロするのを見るだけでも気分のイイものだ。


フィンランドの核廃棄物処分場の「オンカロ」のドキュメンタリー映画「100,000年後の安全」がYouTubeで来月10日まで無料公開されている。
小泉さんが見学をして脱原発に方針を転換したと言われるオンカロ。
投票日までに見てから、誰に投票するのかを考えるのも悪くない。

「100,000年後の安全」 http://youtu.be/dtH_Lkd73eQ


[PR]
# by ash1kg | 2014-01-23 01:11 | 日々雑感



影と光、記憶と個人的な記録
by ash1kg
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31