人気ブログランキング |
Top
さよならFlickr(再)
c0123210_16154.jpg


去年もこの時期にほとんど変わらぬエントリーを書いた。
あれから1年、とりあえずといった感じで惰性で続けたFlickrだが、プロアカウントの更新はせず、データはそのままに、更新することは止めることにした。

写真の見せ方、向き不向きは人それぞれ、写真それぞれであることは間違いない。
僕個人のことで言えば、Flickrのタブロー的な見せ方というのは向いてない。
僕にとっての写真はただの単語であって、文脈の中に置かなければ意味をなさない ―― 文脈の中に置くことによってより多くの意味を持ってくるものなのだと思う。

タブロー的に写真を作ろうと思うと、ファインダーで見える中でほとんどを完結させることが求められる。だがそれは僕にとってはあまり愉快なことではない。
根っからの写真人ではない僕とすれば、できるだけ写真の枠からはみ出したいし、飛び出したいし、写真の常識からは距離のあるところに身を置きたい、そんなふうに思う。

いずれにしても写真の有り様は実にさまざまだし、その中にあきらかな不正解などない。
であれば、まずは自分がいちばん適切であろうという方法を探ることは、写真を続ける上では何がどうしても必要なことなのだ。
by ash1kg | 2011-06-27 01:14 | 写真日記
<< 優れたパフォーマーとは 雑感 >>



影と光、記憶と個人的な記録
by ash1kg
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30