Top
都内雑景
c0123210_22523885.jpg


壊れていた染料プリンターのリプレイスをするのにUSBケーブルの長さが足りず、新宿へ。
仕事始めから間もない街の中や電車の中には挨拶回りの会社員たちの姿が目につく。
ほんの1週間ばかり前に「お世話になりました」と言っていた口で、今度は「おめでとうございます」という、その間にある時間の短さが妙に滑稽で、数年前までなんの疑問もなく毎年同じことをやっていたのだと思うと、なんだか懐かしいような、可笑しいような。

年末の挨拶回りと、わずかの日をおいてからの年始回り。
これも日本の国土の狭さがなせる習慣なのだろう。
アメリカなんかで同じことやろうったって、あれだけ広くちゃできっこない。
「一日10軒回れ!」なんて言ったって、そりゃ無理ってモノ。
狭さゆえの面倒くささもあるだろうけれど、日本らしさってのものの多くはこの狭さがあってこそなのかなと、年賀用の手土産で膨らんだ紙袋を見て思ったのだった。
by ash1kg | 2012-01-06 23:20 | 写真日記
<< 光を操るということ コダックのない世界を考えた >>



影と光、記憶と個人的な記録
by ash1kg
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
My Web Site
Rm.303

Bookmarks


ash1kg - Flickriver

以前の記事
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
more...
カテゴリ
全体
写真日記
Daily Snap
Book
記録
日々雑感
写真展感想
読書メモ
Rough Side
徒歩15分の放浪
Smooth Side
寫眞萬手控
HOLGA
寫眞昔日談
写真展
Colors
Non-class
Hawaii
chicago
新宿
T01
Text Only
非公開
今日の日記
未分類
タグ
(29)
(29)
(16)
(12)
(9)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真/画像の無断使用禁止
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧