人気ブログランキング |
Top
あれから**年
c0123210_23521510.jpg


まもなく「ALWAYS 三丁目の夕陽」の続編が封切りになるらしい。
今作は東京オリンピックのあった1964年が舞台だという。

48年前の1964年、昭和39年は僕が生まれた年でもある。
7月生まれの僕は当然知らないが、両親に聞くと、東京上空に描かれた五輪のマークは良く覚えているそうだ。

東京五輪、そして僕が誕生してから48年。ちょっとした時間である。
でも僕が生まれた年は戦争が終わってからたった19年しか経ってなかったわけだ。
今から19年前のことを思い出してみたら、ついこの前のことのようにいともたやすく思い出すことができてしまって、僕が知らない19年間というものが以下に短いモノだったのか、愕然とする。
そういえば僕の曾祖母は江戸時代が終わってからたった20数年あとに生まれたのだった。
なんだか不思議だ。

-----------------------

写真は父から預かってきたアルバムからスキャン。
父が18歳、昭和30年のときのもの。
これから「たった」9年後に僕は生まれたのだ。

この頃の写真は当然バライタで、印画紙が記帳だったからか、サイズは手札判と呼ばれる小さいもの。
ちょうどブローニー判の幅と同じぐらい。
ネガサイズってどらぐらいだったんだろう?
by ash1kg | 2012-01-19 00:08 | 写真日記
<< 明日は雪 ダミ声に惹かれる / 踊ろうマチルダ >>



影と光、記憶と個人的な記録
by ash1kg
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30