Top
「見せる」とはいかなることか
c0123210_111357.jpg


理由は良く判らないけれど、今日はなんだか「見せるとは?」ということが一日中ずっと ―― さかなの小骨のように引っかかったままだった。

あれこれと具体的な例を思い浮かべては分析していて、一つのことに気が付いた。
何に付けすぐれた技をもった人が作ったモノは、どれも使う(受け渡される)人のことを考え抜いて作られているということだ。
しかもそのことを微塵も感じさせないまま、である。

見せると言うことは過度に説明的になることではなく、徹底的に見る人のことを考えて、しかも考えたことを微塵も感じさせないまま、否応なくこちらが意図したことを受け止めざるを得ないようにする作為的なものなのだろうと、とりあえず今日のところは結論をみた。

このときに僕の頭に浮かんでいたのはピカソの「ゲルニカ」だった。
by ash1kg | 2012-01-31 01:14 | 写真日記
<< 極寒の東京と平和の発明 夢見の悪い朝、一方的な言いがかり >>



影と光、記憶と個人的な記録
by ash1kg
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
My Web Site
Rm.303

Bookmarks


ash1kg - Flickriver

以前の記事
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
more...
カテゴリ
全体
写真日記
Daily Snap
Book
記録
日々雑感
写真展感想
読書メモ
Rough Side
徒歩15分の放浪
Smooth Side
寫眞萬手控
HOLGA
寫眞昔日談
写真展
Colors
Non-class
Hawaii
chicago
新宿
T01
Text Only
非公開
今日の日記
未分類
タグ
(29)
(29)
(16)
(12)
(9)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真/画像の無断使用禁止
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧