Top
あの頃、どうして僕らはけなされていたか
c0123210_183275.jpg


僕がまだ十分に若かった頃 ―― つまりは「昔」の話だ ―― レンタルギャラリーを借りて気軽に写真展を開くなんてことはなく、せいぜいが学園祭/文化祭での写真部の展示、それでなければカメラ雑誌への投稿や、コンテストへの応募といった方法しかなかった。
もちろん観る側とて同じことで、教室を即席ギャラリーとして改造した展示にはカメラ好き/写真好きのオジサンが集まり、良く言えば指摘を、悪く言えばけなし放題で帰って行くというのが毎年の光景だった。

昨今、フィルムや感材は減っていく一方なのに、カメラ人口は増え、ギャラリーを借りて展示をすることも珍しくなくなった。ギャラリーのオーナーに話を聞くと、8割方が写真の展示だという。まさにブームだ。
写真仲間が集まる社交場としての機能もあるように見えるが、まあそれぞれがそれぞれのスタンスで写真を楽しんでいる。誠に結構なことだ。

そういった場でもあるので、ギャラリーでは展示している写真を褒める声があちらこちらから聞こえてくる。
写真展に至るまでの労力は決して小さいモノではないので、そこにまで辿り着いたことはそれだけで十分に褒められて良いモノだとも思うが、その一方で昔のようにコテンパンに叩きのめされるような厳しい指摘をするようなことが無くなってしまったことに多少の違和感を感じる。まあ個人的な記憶がそうさせるのかもしれないが。

僕も少なからずやり込められ、蹴りの一発でもお見舞いしてやろうかと思った経験があるのだけれど、考えてみればどうして見知らぬオッサンにそうまで言われたのか、自分でも良く判らない。
当時、なんでああまで言われたのか(しかも公衆の面前で)、疑問に思って友達に聞いてみたら、「そりゃ当時は趣味の写真なんてなかったからだろ」という答えが返ってきた。

確かに当時は趣味の写真というカテゴリーは無かった気がする。
ネットもなければブログもなく、個人的に撮るとしたら家族写真であり、旅行での記念写真であり、それはすなわち人目には触れない写真で、アルバムにしまい込まれるために撮られた写真だった。
「見せる」というのは極めて例外的で、「見せる以上、評価される前提で作られている」という共通認識があったように思う。
だから僕が通っていた高校程度であっても、文化祭での展示前には先輩の怒号・叱声が付き物だったし、壁に掛けた以上、アサヒカメラや日本カメラに掲載された写真や、極端に言えば当時第一線の写真家達と同列で比較・批評されていたのだと思う。

そこには「高校生だから」みたいなエクスキューズはまったくなくて、それゆえにレベル違いの厳しい指摘やら批評やらが僕らに向けられたのだろう。
けなすことやあら探しを楽しんでいるような向きもあったけれど、中にはぐうの音も出ないほどに正しすぎる批評も間違いなくあった。それで感じた悔しさや、凹んだりしたことは後々、反抗心や意識転換に繋がったわけで、それなりに役に立ったと思う。
もちろんあのオッサン達がそんな切磋琢磨を期待してアラ探ししていたようには、今でも思えないけれど。

そういう意味では、技術の進歩できれいに撮ることが簡単になり、ノウハウについても容易に知識を手に入れられるようになった今は幸福なんだろう。初期の試行錯誤ナシに、中間地点までいきなり踏み込めるのだから。
でも今になると、あのムカツク指摘や批評、積み重なる失敗を経験できないのは、決して幸福なことではないんじゃないかとも思う。
今は「趣味の写真」というカテゴリーがあるおかげで、指摘や批評をしたくてもできない状況でもあるわけで。
まあその中に安住したい人はそうするのだろうし、満足しきれない人は覚悟を決めて外に出るのだろう。
彼らはまったく違うのだから、それで良いはずだ。


ちなみに当時言われた言葉で一番きつかったのは「貧困で自分勝手な想像力で写真並べられても、ゴミにしか見えないよ」でした。
あれは厳しい一言だったなあ。

(写真、差し替えました)
[PR]
by ash1kg | 2012-02-29 00:44 | 写真日記
<< 哲学の義務 写真展『そして僕はいつか』/写... >>



影と光、記憶と個人的な記録
by ash1kg
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
My Web Site
Rm.303

Bookmarks


ash1kg - Flickriver

以前の記事
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
more...
カテゴリ
全体
写真日記
Daily Snap
Book
記録
日々雑感
写真展感想
読書メモ
Rough Side
徒歩15分の放浪
Smooth Side
寫眞萬手控
HOLGA
寫眞昔日談
写真展
Colors
Non-class
Hawaii
chicago
新宿
T01
Text Only
非公開
今日の日記
未分類
タグ
(29)
(29)
(16)
(12)
(9)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真/画像の無断使用禁止
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧