Top
河口湖 06:35
c0123210_128592.jpg



-------------------



仕事帰り、恵比寿の写真美術館に森山大道のレトロスペクティブを見に行く。

今度始まる報道写真展のレセプションが開かれていて、普段とは大違いの騒々しさだったが、
せっかく寄ったので中に入ることにした。

展示は美術館のキュレーターが担当したそうで、デビューから現在に至るまで、時間の流れに
従って発表された写真が並んでいる。
こういう年代記的な展示は決して好きではない。だが一人の人間が変化していく様子を見せる
ためには仕方がないことなのだろう。

森山氏が写真を音楽になぞらえて「写真集はアルバム、写真展はライブ」みたいなことを言って
いたのを読んだ覚えがある。まあ写真を集めた冊子が「アルバム」なのは音楽に例えるまでも
ないが、レトロスペクティブの展示方法はいかにも美術館的・サロン的で、ライブというにはほど
遠いモノだった。

もちろん1枚1枚の写真と対峙するには優れた方法なのだろうが、写真展という大きな括弧でくく
られる雰囲気というか、場の空気感を味わうことはできない展示の仕方でもある。その分じっくり
と写真を眺めることはできたが、インパクトという点ではハワイ ―― こちらは森山氏が自ら展示
プランを作ったのだそうだ ―― の展示には何年経っても軽々と思い出せるようなインパクトが
あった。

一つの結論、写真を見せるならばスペースと経済力の許す範囲で可能な限り大きく、そして
数多く。これが場にインパクトをもたらす方法なのかも知れないなと思った。
[PR]
by ash1kg | 2008-06-14 01:28 | Rough Side
<< 姉ヶ崎 20:50 レーザー・レーサー >>



影と光、記憶と個人的な記録
by ash1kg
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30