Top
Tシャツプロジェクト進行中
c0123210_17572624.jpg


いま、leica氏が中心となってTシャツを作る目論見が進んでいる。
話はleica氏が「銀塩魂」という言葉を使ったことに始まる。
「銀塩魂」という語感に、「ああ、これはTシャツにしたら良い感じだろうな」とそれぞれが
勝手に考え、口に出してみたら思惑が一致したということだ。

着るものにはまるっきり興味がないのだが、Tシャツだけは気に入ったものがあると
ついつい買い込んでしまい、今も向こう3年ぐらいは買わずとも済むぐらいのTシャツが
押入の中にある。
アメリカンサイズのLでちょうど良くて、ジムなどで着るにはXLじゃないと動きにくいという
体型なので、日本サイズではなかなか着られるものがない。ボーイズサイズが流行の
昨今は、サイズが合って、デザインが気に入ったらすぐに買う癖がついてしまった。

さて「銀塩魂Tシャツ」。寫眞魂でもなければカメラ魂でもなく、銀塩魂という狭い幅が実に
良い。ただの写真好きでは着られない排他性(このTシャツ着て、デジタルで撮ってたら
笑われる)。こういうささやかな優越感って、ちょっとだけ人を幸福にする。
何より、このTシャツを着たいがためにフィルムで写真を撮る人が1人でも増えたら、こんなに
素晴らしいことはない。
絶滅の危機に瀕している銀塩写真を生き延びさせなければ。そんな思いもちょっとだけある。

と、偉そうなことを書いてみたが、遊び半分でやっているので、デザインも種々様々。
ありがちなものからポップなものまで、10種類も並んでしまった。
フィルムで撮っている人も、これからやってみようという方も、1枚いかがですか?
観光地でも目立つことは請け合いですよ(笑)

銀塩魂Tシャツ制作プロジェクト






写真のTシャツは1996年のホノルルマラソンの完走Tシャツ。
ホノルルではこれまでに4枚、Tシャツをもらったけど、この年のデザインがいちばん格好良い。

Tシャツといえば、日本人が着ているTシャツのほとんどにはアルファベットでなにがしかの
メッセージやコピーが書かれている。僕は個人的に「アルファベット・コンプレックス」と読んで
いるのだけれど、日本人はアルファベットが格好良いと感じがちなところがある。

面白いことに世界の中には漢字を格好良いと感じる連中も多くて、ハワイアンの中には漢字の
タトゥーを入れているヤツがかなりいた。
格好良さの基準が違うからだろうが、見た目のデザイン性が格好良いからと言って「書類」とか
「台所」って彫ってあるのにはかなりぶっ飛んだなあ。
[PR]
by ash1kg | 2008-08-01 18:26 | 写真日記
<< 週末のこと 西新宿 12:49 >>



影と光、記憶と個人的な記録
by ash1kg
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
My Web Site
Rm.303

Bookmarks


ash1kg - Flickriver

以前の記事
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
more...
カテゴリ
全体
写真日記
Daily Snap
Book
記録
日々雑感
写真展感想
読書メモ
Rough Side
徒歩15分の放浪
Smooth Side
寫眞萬手控
HOLGA
寫眞昔日談
写真展
Colors
Non-class
Hawaii
chicago
新宿
T01
Text Only
非公開
今日の日記
未分類
タグ
(29)
(29)
(16)
(12)
(9)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
その他のジャンル
ブログパーツ
  • 写真/画像の無断使用禁止
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧